睡眠時無呼吸症候群、肺気腫、気管支喘息、睡眠障害などに対応しています。

久保医院

〒372-0811
群馬県伊勢崎市若葉町15-14

0270-25-0176

メインメニューを開く
  • HOME
  • 当院のこだわり
当院のこだわり

「医療はサービス業」をモットーに、患者様が求める医療の提供に努めます

睡眠時無呼吸症候群の検査と治療に力を入れて診療し、合併症の予防をはかっています。また、診断を押しつけるようなことはせず、患者様が何を求めているかをしっかり伺い医療を提供します。

診療のモットー
やり方を押しつけず、患者様が何を求めているか伺って医療を提供します

医学は自然科学という学問ですが、医療はサービス業であると考えることから、来院された方が何に困っているのか、何を求めているのかをしっかり伺って、納得していただける医療の提供を目指しています。そのため、自分のやり方や考え方を押しつけないことをモットーにしています。

「こういう原因があるからそういった症状がある。再発を防ぐためにも、こういう検査を受けた方がいい」というふうに、検査や治療方法の提案を行いますが押しつけることはありません。何よりもまず患者様のお話を伺い、患者様のご要望に添った医療(サービス)をご提案するようにしています。

力を入れている診療について
病気を予防するためにも睡眠時無呼吸症候群の治療に力を入れています

当院は睡眠時無呼吸症候群の検査と治療に力を入れています。なぜなら、この病気には重大な合併症が隠れており、その予防が求められるからです。睡眠時無呼吸症候群は症状としては昼間の眠気や就寝時のいびきですが、高血圧症、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞といった合併症のリスクが約2倍から4倍に高まります。重大な合併症を起こさないためにも、睡眠時無呼吸症候群が疑われる方には、検査・治療をおすすめしています。

なお、お子様の睡眠障害の原因が睡眠時無呼吸症候群の場合があります。扁桃腺が大きいことが主な原因であり、低酸素症から思春期の二次性徴に影響がでるため、対応できる病院で扁桃腺の摘出が必要になる場合があります。お子様に就寝中の呼吸停止や日中のかなり強い眠気といった症状が続くときは、一度ご相談ください。

掛かりつけ医として
通院が難しい患者様には定期的な訪問診療をします

祖父の代から約70年間、伊勢崎市の掛かりつけ医としてお子様からご高齢の患者様まで幅広く診療しています。また、要介護認定の方などご来院が難しい患者様には、一週間に一度、二週間に一度など定期的な訪問診療もいたします。訪問診療では患者様と介護をされているご家族の希望を伺い、看取りまで対応させていただきます。

当院は伊勢崎市民病院、美原記念病院、伊勢崎佐波医師会病院の訪問看護ステーションと連携を取っており、24時間365日対応できるようになっています。また、私は伊勢崎市の介護認定審査会の委員として、介護認定の審査にもたずさわっています。引き続き、訪問診療という地域医療への貢献に尽力していきます。

今後の展望
これからも患者様の求める医療の提供に努めます

診療では患者様の症状を診るだけではなく、年齢・性別・家庭環境・仕事の状況など患者様にまつわる背景を伺って、どのように病気が起こったのかを診断しつつ、患者様が求めているものを提供することを、これからも大事にしていきたいと思います。これは勤務医時代に師事していた医師からの教えであり、「医療はサービス業」という私のモットーにもつながっています。

今後も患者様が求める医療を提供できるように、さまざまな人に会い、さまざまなお話を伺い、さまざまな経験を経ていきたいと考えています。そして、「来て良かった」と言っていただける医療の提供とともに、掛かりつけ医として訪問医療にも力を入れていきます。